プロテクション

topimage_protection

プロテクションは、これまでのガラスコーティングの長所を引き継ぎつつ、多様なニーズにも対応させた新しいタイプのコーティング剤です。ガラス膜を形成する素材 「ポリシラザン」 を利用し、あなたの車を汚れにくく、そして汚れたとしても水洗いだけで落としやすい、お手入れの簡単なボディにします。また、抜群の水弾き(撥水性)、鮮やかな艶、ツルツルした手触りなど、施工後は明らかにその変化を実感して頂くことが出来、高い満足感をお約束いたします。

プロテクションの特徴

撥水性

施工後のボディ表面は水を弾く撥水性となります。これは、従来の撥水コーティングのようなフッ素やシリコンを用いた表層での撥水ではなく、コーティング被膜それ自体によるものなので、その効果は長期間にわたり持続します。なお、撥水性ながら、ウォータースポットやイオンデポジット(雨ジミ)が残りにくいのもプロテクションの特徴です。

protection01

防汚性

フッ素やシリコンのような撥水コーティングは、それ自体が油から出来ている為、油性の汚れとは同じ油同士、実はなじみ易い(=汚れやすい)という性質があります。プロテクションの撥水性はそれらとはメカニズムが異なります。ガラスコーティング最大の特徴である防汚性は有しており、油汚れ、虫、鳥のフンなどのしつこい汚れが水洗いだけで簡単に落とせます。

protection02

耐傷性

コーティング被膜の硬さには限界があるので、それだけではボディへの傷付きを防ぐ力にも限りがあります。プロテクションには硬さに加え、スリップ力という性能を持たせています。このことにより、ボディ表面にかかる力を滑らかに受け流すことが出来、洗車等による拭きキズから塗膜を護る能力を向上させています。

protection03

光輝性

プロテクションの主原料はポリシラザンという素材です。通常、この素材でコーティング膜を厚くすることは難しいのですが、プロテクションは専用チューニングにより高い膜厚を実現し、光輝性に優れています。施工後はワックス等のメンテナンスが不要になります。

protection04

このようなシーンにおすすめ!

コーティングと言えば、車好きの方や、高級車向けのモノとお考えの方も多いと思います。しかし、幅広い特徴を持ったプロテクションは、様々なシーンにおいてどなた様にもご利用頂けるコーティングです。

例えば…虫の死骸や鳥のフンで汚れた車を運転するなんて、したくはありませんよね?でも、それらがこびりついた車をきれいにするのは骨の折れる作業ですし、第一そのような汚物には触りたくないものです。そこで、プロテクション。プロテクションを施工することで、このような汚れは付きにくくなり、また付着したものについては、サッと水洗いするだけで落とすことができます。

protection05

コーティング車への施工も可能

プロテクションは、すでに他のコーティングを施工している車に、重ねて施工することも可能です。元のコーティングと強く密着し、コーティング性能の持続・向上が図ることが出来ます。

お薦めは部分施工。フロントバンパーのみ、あるいはボンネットのみといった部分的な施工も可能なので、特に汚れやすいフロント廻りやドアミラーなどに施工すれば、汚れの防止力強化が図れます。

protection06

施工料金

フルコーティング

軽自動車普通車ミニバンSUV・RV1BOX
ボディフルコート ¥58,000¥70,000¥98,000¥85,000¥115,000

部分コーティング

軽自動車普通車ミニバンSUV・RV1BOX
Frバンパー&グリル ¥10,000¥12,000¥15,000¥12,000¥13,000
ドアミラー左右 ¥3,000¥3,000¥3,000¥3,000¥3,000
ボンネット ¥10,000¥15,000¥12,000¥18,000¥12,000

※本料金表は新車の淡色車の参考価格になります(税抜価格)。既走車や濃色車など、またボディサイズ等により異なる場合があります。詳しくはメールまたはお電話にてお問合せください。